e0214519_04627.jpg


毎年、この季節になると訪れている国営ひたち海浜公園。

3.11の大震災から今日まで、本当に色々なことがあったけれど
今年もこのネモフィラの見ることができて本当に良かった・・。

e0214519_051980.jpg


e0214519_23573731.jpg


e0214519_23585369.jpg


みはらしの丘に咲く約450万本のネモフィラの可憐なブルー。

たまごの森には色とりどりのチューリップが・・。

夫とのんびり春を満喫。

e0214519_23594122.jpg


e0214519_0045.jpg


e0214519_001773.jpg


e0214519_002685.jpg


e0214519_004583.jpg


e0214519_014260.jpg
e0214519_015832.jpg

e0214519_02134.jpg

e0214519_022512.jpg


観光バスが例年に比べて少ないような・・。
茨城は頑張っています。
春爛漫、花満開です♪
# by nonshi24 | 2011-05-01 00:28 | お散歩風景

前に!

今週の火曜日から職場復帰をした。

いつもなら電車で15分で着く距離。
鉄道の復旧の見通しが全然立たず
緊急支援バスで(渋滞と道路陥没等で)片道1時間20分かけて通勤している。
いったい、鉄道が復旧するまで何ヶ月かかるだろう・・・。
日夜、復旧に努力されている鉄道関連の方たちに頭が下がる。

職場があるビル周辺の道路。
あちこち陥没や隆起していて足元があぶない。
崩壊寸前のビルや建物等々があるので、
常に足元と頭上に注意が必要だ。

職場のビルのダメージもかなり大きかった。
壁のあちこちに亀裂、トイレも3箇所壊れ
書庫に積み上げてあった書類は散乱・・。

節電の為、職場の灯りは夕方まで消したまま、
暖房も入れてないので、皆、ダウンジャケットや厚着をして仕事をしている。

パソコンのキーボードを打つ手が悴む。
指だけ出ている手袋を真剣に探さなければ・・。

余震は一時期よりはかなり減ったけれど
震度2~4クラスの地震は日常茶飯事。

いつも身体が揺れている、ちょっとした船酔い状態・・。

地震で家が崩壊したり、水が出ないで出社してこない社員がまだまだいる。
職場に出てこれただけでシアワセだ。
出社できない人の分まで大いに働かなければ。

職場の仲間達と廊下ですれ違うたびにお互いの地震体験談に花が咲く。
10人いれば10通りの・・。
こうやってお互いのことを話しただけでも
気持ちの整理ができてとても嬉しい。

ガソリンや灯油を買うのに5時間、7時間待ちが当たり前だった先週・・。
今週は場所によって200名様限りの整理券が出たり
4時間待ちと言うところもまだまだあるけれど
ガソリンはかなり出回るようになってきた。

日本全国、節電、節電・・。
私の住んでいる近隣のスーパーも節電の為に7時で営業終了。
みなさんのところもそうかしら。

バス渋滞で家に着くのが夜8時近くなる私は、
週末に纏め買いをしないと食料が手に入らない。

今日、夫と、一週間分の買い物をした。

久しぶりのスーパーマーケット。
被災地でひもじい思いをされている方々に申し訳ないと思いつつ
品数が増え、並ばなくても物が買えるようになったのは本当にありがたかった。

しかし、原発の放射能汚染で、不安は尽きない。
米や野菜の宝庫の茨城なのに
野菜コーナーには北海道や九州産のものが目立つ。

風評被害も心配だ。
一人ひとりの冷静な対応、正しい知識。。

茨城の野菜、とても美味しいのです。

今日もかなりの地震があった。

震度3・4・・。
あの震度6強の地震に比べればこんな地震なんてことない・・・
変なところで妙に地震に対して強気の私がいる。

日々、昨日より今日、今日よりは明日、
できることが増えている。

明日、月一デートをしている仲間達と久々に再会する。
話したいことが山のよう。
今から明日が楽しみで仕方ない。

前に、前に!

被災地で苦しんでいる人々が
一日でも早く日本人全員が普通の暮らしが出来ますように・・。

私達のできること。

こんな時だからこそ、萎縮せず大いに消費し、日本の経済を支えなければ。

こんな時だからこそ節電に気をつけ、募金を積極的に。

そして、こんな時だからこそ、
人と人とのつながりを大切にしなければ・・。


e0214519_17181068.jpg


子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、
順番が近くなり、レジを見て考え込み、
レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。
店員さんがその子供の背中に向けてかけた「ありがとうございます」という声が、震えてました。

避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう」
と漏らしたとき、横に居た高校生ぐらいの男の子が
「大丈夫、大人になったら僕らが絶対元に戻します」
って背中さすって言ってたらしい。大丈夫、未来あるよ。

停電すると、それを直す人がいて、断水すると、それを直す人がいて、
原発で事故が起きると、それを直しに行く人がいる。
勝手に復旧してるわけじゃない。
俺らが室内でマダカナーとか言っている間クソ寒い中死ぬ気で頑張ってくれてる人がいる。

2歳の息子が独りでシューズを履いて外に出ようとしていた。
「地震を逮捕しに行く!」とのこと。
小さな体に宿る勇気と正義感に力をもらう。
みなさん、気持ちを強く持って頑張りましょう。

ディズニーランドでは、ショップのお菓子なども配給された。
ちょっと派手目な女子高生たちが必要以上にたくさんもらってて「何だ?」って一瞬思ったけど、
その後その子たちが、避難所の子供たちにお菓子を配っていたところ見て感動。
子供連れは動けない状況だったから、本当にありがたい心配りだった

<地震で見つけた心温まるつぶやきより 抜粋>



# by nonshi24 | 2011-03-26 17:51 | ひとりごと

水が出ました。

e0214519_14105897.jpg


昨日、遠く離れたケーキ屋さんを営む和歌山の友人から、
水や食料、手作りクッキー、電池、その他諸々、
愛がたくさん詰まった品々が山のように届いた。

白いクッキーの箱を開けると、彼女が作ったアンパンマンが「もう大丈夫だよ」と笑っていた。

嬉しくて嬉しくて、涙が出た。

お互い本好き、映画好き。
四角い箱の向こうとこちらで、もう何年も語り合っている私達。
まだ一度もお会いしたことはないけれど
お互いの思っていること、考えていることがびっくりするほど一致する・・。
昔からずっと赤い糸で繋がっているような、とても不思議な縁を感じる人。

お蔭様で、やっと水が出たよ。
自分の家でお風呂に入れたよ。

まだまだ水は塩素で汚れているので、頂いたお水は大切に飲ませていただくね。

別のネットの友人達や、地元の友人・知人、遠い親戚からも
数え切れないほどのたくさんの励ましの電話やメール・支援をいただいた。

夫や息子・娘の友人知人たち。
同じ被災者の近所の友人たちとの情報交換。
隣三軒両隣とは良く言ったものだ。

あそこのスーパーは限定何品、
あそこのガソリンスタンドは何時間待ちらしい、
あそこの銭湯・コインランドリーは明日何時からやるみたいよ。
うちのお風呂に入りにおいで。

情報の共有、力強い応援のなんと頼もしかったことか・・。

感謝してもしてもしたりないくらい・・皆の愛が本当に本当に嬉しかった。

昨夜、ネットの友人の一人が、今日の月は「スーパームーン」だと教えて下さった。

月が19年ぶりに大接近をして、普段よりも14%大きく
30%も明るいと。
明かりのない町でも少しは明るくなるかも・・と。

あわてて庭に出て月を見上げた。
本当に美しく光輝いていた。

この月の輝きは一生忘れないと思う。
本当にありがとう。。

私の住む常会の中でも明暗は別れ、私の家のように水が出た場所があれば
10数件先では、家が崩れ、親戚の家に疎開した家や
屋根が壊れたり、水道管が壊れ、まだまだ不自由な生活をしている家があります。

水がまだ不通の近所の友人に、お風呂に入りにおいでと声をかけた。

・季節が3月とは言え、とても寒かった日々・・。
 昼間は厚着して我慢し、煮炊きするときだけ旧式のストーブで。
 震災の次の次の日、スーパーでは一人10点まで。
 なけなしの食料を買っても、灯油の残量が気になり
 ハラハラドキドキの毎日でした。
 被災地以外で灯油の買占め、食料の買いだめの報道・・ため息・・。

・家に明かりが付いたのは震災からしばらくしてから。
 明かりが心を癒してくれました。本当にありがたかった。
 ガスはつい先日通じました。
 やっと煮炊きが楽にできるようになりました。。
 カセットコンロのガスボンベ、今度はしっかり管理しようと心に決めました。

・ライフラインの最後が水・・。
 道のあちこちが寸断され、道路が隆起していて、水を送り出す配水所も壊れて・・。
 
 水は本当に大切です。水さえあればなんとかなります。
 震災後から今日まで、我が家は家族で毎日役場まで水を貰いに行き
 小川へトイレ用の水を汲みに行ったけれど
 そこまで行くには車が必要。
 
 ガソリンスタンドは開いたと思ったらすぐ長蛇の列。
 ガソリンの残量を気にしながら水を求めてあちこちのコミュニティーセンターへの移動は
 本当に辛かったです。
 TVで被災地以外でガソリンを求める列が流れました。
 本当に必要なところにガソリンが届かない矛盾・・ため息が出ました。
 
 ふと、車がない一人暮らしのご老人のことが頭をよぎりました。
 私達家族はまだ車がある。
 恵まれているのだ。

必死にライフラインの復旧をしてくださった方々、本当に感謝です。

今度は私が立ち上がる番。

昨日、庭先で「ホーホケキョ」と春告鳥が鳴きました。
終わらない冬はない。
春はもうすぐそこまで・・。
# by nonshi24 | 2011-03-20 15:25 | ひとりごと | Comments(10)

なんとか頑張っています

震度6強の未曾有の大地震を体験してから5日目・・。
やっとパソコンの前に座ることができました。

みなさん、ご家族、親族友人の方々、安否等大丈夫でしょうか。。

地震当日、車の中で一晩を過ごしました。
二日目からは自宅で過ごしていますが
余震は今でもまだまだ続き眠れぬ夜を過ごしています。

先日やっと電気が普及しました。
水道、ガスは、
道路があちこち陥没しているので
復旧はまだまだかかりそうです。。

数日間安否がわからなかった遠く離れた実家から電話があり、
久々の再会と、お風呂に入ることができほっとしましたが
あまり甘えることができないのでお風呂を借りただけで自宅に帰りました。

トイレの水は毎日近くの小川から・・。

いくら汲んできても
汚物を流すのにポリ缶20ℓが一日であっという間になくなってしまうことに驚いています。

水は役場の配給で毎日調達しています。

被災当初はわずか2ℓでしたが
自衛隊の方々のお陰で
今日は空き容器を持っていけば好きなだけ入れてもらえるようになりました。
ありがたいです。

ですが車のガソリンが残り少ないので、移動は極力控えています。

ガソリンスタンドは長蛇の列。
被災時から今日まで2,000円分入れるのがやっとでした。
灯油も一人1缶分だけ。。

今夜もひどく冷えるそうです。
日中は防寒着を着て暖房は抑え、寒さに耐えようと思っています。

溜まりに溜まった洗濯物を今日初めて
水道が復旧しているはるか遠くのコインランドリーまで。

コインランドリーは当然ながら皆水道が出ない人たちばかり。
洗濯物を回しながら
初対面ながら近況報告やお役立ち情報等交換会・・。

食料を求めて、日々奔走していましたが
今日の情報でなんとかコインランドリーから少し行ったスーパーで
食料を一週間分確保することができました。

ありがたかった・・。

水、ガス、電気・・。
今回の地震で、どれがなくなっても生活はままらなないものなのだなぁと改めて思い知りました。

命からがら逃げた震災当初、家にたどり着くまで5時間かかりました。

友人知人たちとの安否確認で携帯の電池がすぐなくなり大変な思いをしました。

家に帰り、近所の友人からお借りした車から直接取れる携帯電源及び携帯用の電池式の電源、
とても助かりました。

卓上用カセットコンロ、旧式の石油ストーブ、これもずいぶん役立ちました。
電池式のラジオ、情報を得るのにかなり助かりました。

50年前の不自由な時代にあった道具達を見直そうと心から思います。
備えあれば憂いなしとは本当にその通りだと思いました。

一滴の飲み水が、一筋の明かりがこんなにありがたいとは・・・・。
自分の今までの生活が恥ずかしい限りです。

福島原発も茨城のすぐそば・・。
風向きによる放射能汚染が心配です。。

大津波でご家族や親戚、ご友人たちを亡くされ
また職場・学校等失った方たち
地震で家が壊れた方々、
放射能で避難している福島の方々からしてみたら
私の体験したことなんて本当にマシ。。

ご冥福・ご無事を心よりお祈りいたします。

まだまだ余震が続き予断は許されません。
皆様もどうかご無事で・・。

命さえあれば・・お互い頑張りましょう。
# by nonshi24 | 2011-03-15 17:09 | ひとりごと

断捨離

e0214519_20303925.jpg


モノは使ってこそ・・「断」
モノの量と質に意識的となり、使い切れないモノ、必要以上のモノの流れを「断」していく。

モノは、今、この時に、必要とされるところへ・・「捨」
いつかそのうちまたつかうかもしれないと、漫然と保存、保管、収納するのではなく
今、必要とされているところへ意図的にスムーズに送り出して「捨」していく。

モノは、あるべきところにあって、美しい・・「離」
「断」と「捨」を繰り返し、絞り込まれ厳選されたモノたちは
各々割り当てられた空間に自ずと戻るように「離」れていく。
(断捨離より)

なんのための住まいなのか、なんのための暮らしなのか。

頭では、わかっていたつもりだったけれど
この本を読むまで全然わかっていなかった私。

まずは頭の整理から。。
自分にとって今大切なモノとはなんだろう・・。

ちょっとずつ見えるところから頑張ってマス♪

e0214519_20553968.gif

# by nonshi24 | 2011-02-25 20:57 | 本のひととき
e0214519_815615.jpg


今月のケーキ教室は「ブリティッシュチョコレートケーキ」。
ホワイトチョコレートで作ったムースと苺を添えて・・。
# by nonshi24 | 2011-02-24 08:17 | 手作り
e0214519_1440578.jpg


八天堂」のくりーむパン。
ついに我県の駅ビルに催事出店♪

ふんわかとろりん、なんとも言えない口当たり。
うまし☆

e0214519_14423320.jpg

# by nonshi24 | 2011-02-12 14:42 | 美味しい時間
e0214519_11101216.jpg


和歌山の「うえすとこーすと」からお取り寄せ。

抹茶シフォンケーキ。
(昨日から抹茶がらみのお話が続きます)

フワッフワでほっぺたが落ちてしまうほど美味しい。

他にイチゴのロールケーキ&クッキーもあったのだけど、すでに食べてしまって画像なし^^;

同封された和歌山のフリーペーパー2月号。
「わが愛しの喫茶店」に取り上げられている、それはそれは素敵なお店。

オーナーはいっちゃんさんとまーちゃんさん仲良しご夫婦。

奥様のまーちゃんさんとは、映画好き・本好きがご縁で
もう何年もブログ上で仲良くさせていただいている。

思考回路がびっくりするほど同じで
まだ一度もお会いしたことがないけれど
大切な大切なお友達。

茨城と和歌山・・。
ドラえもんのどこでもドアがあったなら・・。

いつの日か、絶対お会いしたいなぁ。

e0214519_11304371.jpg

# by nonshi24 | 2011-01-30 11:37 | 美味しい時間
e0214519_171614100.jpg


ドラ焼き・虎焼き・鯛焼きを習う。

新年最初のお菓子教室は、お抹茶をたてて和菓子からスタート♪

小豆とお抹茶、本当に良く合う。
小豆と黒糖のババロアも簡単で口当たりが良く、とても美味しい。

あぁ、日本人に生まれてきて本当に良かった・・。

More
# by nonshi24 | 2011-01-29 17:18 | 手作り

シャターモードは「こころ優先」。


by かほ