陽だまりcafe シャターモードは「こころ優先」。

願い

e0214519_20581346.jpg
「〇〇さん、お加減いかがですか?ここの病院では毎年盛大に七夕祭りやるんですよ。
お願い事、短冊に書いておいてくださいね~。」

「7月7日・・。それまで入院していなくちゃいけないのかしら。。もっと早く退院したいけれど。。
でも、お願い事は書いたほうがいいですものね。わかりましたよ。
七夕楽しみにしてますね。」

「私たちも書くので、一緒に書いてあるのを探しましょう~。」

「もし差し支えなければ・・看護士さんのお願いはなんですか?彼氏とか^^」

「恥ずかしいのですが、自分の部屋中、本でいっぱいにしたいんです^^」

母の傍らで、本を読みながらその話を聴いていた私は
思わず、「私も本大好きなんです!」

「わぁ!嬉しい~♪
それ「火花」ですよね。私もこの前読み終わったばかりで・・すごくいいですよねー。
又吉さんもいいのですが、湊かなえさんの大ファンで、今まで出した本、ほとんど読んでいるんです!」
「私も好きです♪「告白」とか「Nのために」とか「贖罪」とか・・」

母をほったらかしにして、私と看護師さんはお互いの手を取り合い、本の話に夢中^^

「つい最近、リバースという本を買って読み終えたばかりなのですが、それはそれはすごくて!」
珈琲がキーワードなんですよ。なんだかね、本から香りが漂ってくるかんじで。。
本を読み終わって、自分自身で美味しい珈琲を入れたくなって、道具も買ってきてしまったんです♪
ラストは衝撃でした~!」

「買います!!」

こんな出会いってあるのですね。
とても若い方(娘とかわらない歳かも)なのですが、それはそれは明るくて、気配りができて
母も大好きだと言っていました。
この病院で良かった。。

「火花」読み終わりました。
じーんと染み入るような文章・・笑あり涙あり・・又吉さん、凄い。。
素敵な余韻に包まれました。。。

そして今、看護士さんおススメの「リバース」に夢中。
まさしく本から珈琲の香りが漂ってくる・・今回は男性が主人公・・
ふぅ、なんて緻密な・・ワクワクドキドキ・・本をめくる手が止まりません。。

先日、母が入院しました。
以前、大腸がんの大手術をしたあとの転移です。
高齢の為、ガンの進行は遅く、今まで痛みもまったくなかったのですが
急に痛みを感じて。。
全身に転移し、腎臓の片方に圧がかかり、
高齢の為、手術は命取り、薬で痛みを抑えることしかできないとのこと。
おしりから下血がはじまったらしく母が先生に聞いたところ
「薬の後遺症でちょっぴり下血があるんですよ」とおっしゃっていたので
母も私たち家族もてっきりそうなのだと思っていたのですが・・。
金曜日、先生に別の部屋につれていかれて
「下血はガンが進行している証拠。もっても一年あるかどうか。。
事実を私から言いますか?それともご家族から?」と言われ・・

昨日、弟とともに母に本当にことを告げました。

覚悟はしていたのだと思います。
母は、凛と黙って聞いていました。

今日、職場に休職願いを出しました。
引継ぎのこともあり、明日からすぐということもできず
7/10まで時短、その後、一年間の休職を認めていただきました。
「仕事は気にしないで。家族が一番だもの」
職場の方たちの温かさに胸が熱くなりました。。

私がしてあげれること・・
ただ母のそばに寄り添ってあげることしかできないけれど・・

「毎日幸せ ずっと幸せ」
 母の短冊です。。

この場所は、私の心の洗濯の場所。。
また皆さんと会えますように。。

※コメント欄開けておきましたが、非公開とさせていただきます。
ご了承くださいませ。

たくさんの心温まるコメントありがとうございました。
じっくり読ませていただきました。
母は笑顔で前を向いています。
私も母に負けず、前を向いて頑張りますね。。

by nonshi24 | 2015-06-22 22:18 | ひとりごと