陽だまりcafe シャターモードは「こころ優先」。

注文の多い?料理店

e0214519_23324850.jpg
e0214519_23334622.jpg
石岡フラワーパークから足を伸ばし、筑波山の麓にある蕎麦屋「ゐ多」で遅めの昼食
古民家を思わせる佇まい、
玄関を開けると、土間と囲炉裏端、太い柱に囲まれた大広間。
お料理を待つ間、障子の向こうに見える新緑の美しいお庭を眺めながら
ウエルカムドリンクのお抹茶と干菓子をいただく。

私と夫は天ぷらそばのセット、娘はお店イチオシの鴨南そばのセット。
初めて食べる極太の蕎麦。
噛めば噛むほど口の中で甘くなり
天ぷらの海老はプリップリでサックサク♪
蕎麦粥も胡麻豆腐も食後の蕎麦湯もとっても美味しかったのですが。。。







人の良さそうな店主が娘の前に鴨南蕎麦を運んできた。
立ち去ることもなく、おもむろに鴨南蕎麦の食べ方を指南しはじめた。

目の前で鴨をジュ~ジュ~焼いて
「はい美味しく焼けたよ、今、つゆにつけて、はい、食べて!」
「おいしいだろう?フランス料理に使われるとても良い鴨なんだよ」
「蕎麦は極太が一番。のどごしのいい蕎麦なんて蕎麦じゃない。
のどごしを求めるなら素麺を食えってんだ」
「蕎麦、何もつけないで50回噛んで・・ほら、美味しくなってきたろう?」
「ほい、鴨がまた焼けたよ。今度はこの野菜を巻いて・・はい、今、つゆにつけて食べる!」
鴨から出たエキスがたっぷりしみたそばつゆ。
これで鴨南つゆが出来上がり
やっとここで蕎麦を投入していいとの許しが出た。
店主「ね、おいしいでしょう?」
娘「お、おいしい・・」
店主「お父さんもお母さんも食べていいよ。・・どう?」
夫&私「美味しいです」
店主「だろう?まぁ、まずいとは誰も言わないわなぁ。ガハハハ!」

次に、娘が食べていた蕎麦の半分をガバッと手にしたかと思ったら
鴨を焼いた鍋に入れ
店主「蕎麦の焼きそばだよ。鴨から出た油で美味しいんだ。そこにある七味を・・
そうそう、それ入れて・・いいかんじに焼けてきた・・はい食べて!」

娘も夫も私も、人生初めての出来事にただただ驚き
(驚きが面白さに変換してしまい)最初から最後までヘラヘラ笑うばかり。

店主「おそまつさまでした。ま、ゆっくり食べてって!」と言い立ち去っていきました。

店主イチオシ・・・ほぉ・・なるほど。。

次々に訪れるお客さん。
あ、あの人、鴨南そばを頼んでる・・
店主がニコニコして近づいてる・・
「これはね、フランス料理に使われているとてもいい鴨なんだよ」。。


by nonshi24 | 2015-06-07 00:41 | 美味しい時間