陽だまりcafe シャターモードは「こころ優先」。

家守綺譚

e0214519_972139.jpg


四季折々の草花・鳥・小動物たちや、亡友が現れては
主人公に話しかけてくる不思議不思議な物語。

風・水・雨の音、そして様々な花たちの声が聴こえ、
自分はここにいていいのだと改めて感じさせてくれる大切な一冊…。

何度読み返しても「あぁ幸せ。」と心から思う。
Commented by takemama-alice at 2010-11-19 17:30
こんばんは〜

バタバタと過ぎてく毎日
読みかけの本もいつからかそのまんま
開いてはみるんだけど 気づけば床に転がってる本 
睡魔には勝てません 笑
ふふ、、でもさ nonshiさんご紹介のこの本
とっても読んでみたくなりました
明日にでも本屋へGO〜〜。。。と思ってる
すぐにでも読みたい....でも、読みかけの本 どうしよ 爆
Commented by nonshi24 at 2010-11-19 20:12
takemamaさん、こんばんは~♪

ほんと、毎日慌しくて、気付けば11月も半ば・・。
誰が背中を押しているわけでもないのに
なんだかせわしいですよね^^;
私も睡魔には勝てません・・。
お気に入りのドラマを見ようとスタンバイしていたら
いつのまにか夢の中(^_^)

本は、通勤の行き帰り、電車の中だけで読んでるの。
限られた時間だけど、楽しいひと時♪

この本はあの「西の魔女が死んだ」を書いた梨木香歩さんの本で、
今から3年位前に購入したもので、大好きな本なのです。
物事を「受け入れる」ことの大切さだとか
細やかな季節の移ろいだとか
小動物や植物に心があることだとか
改めてて感じさせてくれるのです。
takemamaさん、気に入ってくださるかしらん☆
もし読まれたら感想聞かせてくださいね♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by nonshi24 | 2010-11-19 09:07 | 本のひととき | Comments(2)